ペニスを長くする長茎術

ペニスの長さが足りていないと、性交渉の際にパートナーを十分に満足させてあげられなかったり、男性としてのプライドが損なわれる怖れがあります。そんな時に長茎術を受けるという選択肢が出てきます。
長茎術はペニスの根元部分を長くする方法です。ただ組織を追加して延長することはできないので、実質的な長さは変わりません。ペニスの大部分を構成している海綿体は、表に出ている部分だけではなく身体の深いところまで続いています。長茎術はその奥側の海綿体を、色々な方法を用いてペニスの一部にするものです。
奥側の海綿体は身体と靭帯で繋がっているため、高い効果を出すためにはその靭帯を周囲の組織と一緒に切除します。その他にも靭帯を切り取るのではなく伸ばす形で、引っ張った後に糸で固定する方法があります。こちら根元のシルエットが変化しにくい代わりに、メスを入れないので負担が少なく済むという特徴を持っています。

実際に効果はあるのか

メスを入れる手術の場合は物理的に組織を取り去るため、確かな効果が期待できるでしょう。実際に受けてみてペニスが長くなったと実感する成功例もあります。
ただもちろん成功例として挙げられるのは、まともな施術を受けた場合のことです。長茎術はあくまでも美容診療に分類されるため、技術力を伴わないところで受けると、あまり効果が出ない可能性も考えられます。特にメスを入れない方法は、失敗するリスクこそ少ないものの、シンプルゆえに長くならない怖れもあります。
また長茎術には、ペニスの上部に脂肪が多く溜まっている人にのみ有効な、吸引術もあります。お腹の部分に脂肪が多く溜まっていると、ペニスにまで浸食して根元を押し出す形で短くなっている状態になります。その原因の脂肪を減らして、相対的にペニスを長くする方法です。この方法はペニスに働きかけることをしないので、場合によっては効果を感じられないかもしれません。

まとめ

長茎術は、特にメスを入れる方法だと確かな効果が出やすいです。そのためには施術者のしっかりした技術力が欠かせません。また体質次第では大きな効果が期待できない可能性もあるため、じっくりと相談した上で決定することが大切です。同じ方法にしてもすぐにひとつのところに決めてしまうのではなく、複数に相談してからでも遅くありません。決して気軽に受けられるものではないため、リスクも含めて全てを話してくれるところを選びましょう。