長茎術中に発生する痛みへのアプローチ

ペニスを長くする長茎術は、身体の内側に手を加える必要があります。そのため長茎術を受けることを検討している人の中には、痛みが気になっている人もいるでしょう。長茎術に限らず多くの手術には、術中と術後の2つに分かれる痛みがあります。そして長茎術を受けている間は、麻酔をかけるため痛みを感じることはまずありません。
長茎術には組織を切除したり糸を埋め込む、お腹周りの脂肪の吸引など、選択で異なる色々な作業があります。それぞれ発生する痛みが違うため、最適な麻酔がかけられます。痛みが長引くのであれば、術後にもかけられることがあります。具体的な方法は病院やクリニック次第で変わり、その代金が手術分に含まれているかどうかも異なります。中にはより強力な麻酔をするのであれば、オプション扱いになることもあります。したがって術中の痛みが気になる場合は、麻酔に関する相談をじっくりしておいた方が良いでしょう。

術後に痛みが発生することがある

長茎術で痛みが発生するとすれば、完了してからしばらく経った後です。術後は麻酔が効いているので周辺は何も感じずに済みますが、それが切れてくると痛みが出てくる可能性はあります。痛みがどれほどの強さなのかは個人差があり、全く感じずに済む人もいます。逆に強すぎると腫れを伴う場合もあります。
長茎術はペニスの根元に手を加えているため、ペニス全体のバランスが変わると刺激が与えられやすいです。なので勃起も痛みを誘発する原因になり得ます。長茎術はペニスを引っ張った状態で固定しているので、そこからさらに引っ張られてしまうわけです。そのためなるべくペニスに血流を送らないように心掛けると、大きな痛みを感じずに済むかもしれません。
痛みが発生する可能性がある期間はおよそ1週間程度で、糸を入れたり切開した場所が順調に修復すれば、それ以降はまず感じずに済むでしょう。それまで耐えられるように、病院で鎮痛剤が処方されることもあります。

まとめ

長茎術では基本的に術中の痛みは気にする必要はありませんが、術後に感じるようになる可能性が高いです。激痛という程でもありませんが、不快な思いをすることには違いありません。しかし期間はそこまで長くないため、耐えきることは可能です。ただもし全く痛みを感じたくないのであれば、鎮痛剤の処方をあらかじめ提示しているところを選んでおくと良いでしょう。わざわざ痛み止めのことを持ち出さなくても、どうするか訊ねてくれるはずです。